kuisti

頭に描いたものを形にするスモールオリジナルブランド Kuisti 世界に一つの1点モノ

ベッドヘッドをつくろう!

突然ですが我が家のベッドは無印良品です。結婚とほぼ同時に買ったので、かれこれ15年位になるでしょうか。当時ポケットコイルのマットの凄さに衝撃を受けたのを、今でも覚えています。そんなMUJI君ベッドのヘッドはごくシンプルな一本ラインのもの。

f:id:kuisti:20160619080044j:plain

 

ところが、脚側にはそういうものが無いので、寝てる最中に掛け布団が脚側へ落ちてしまう事がしばしば。思い切って逆してしまえ!という事で、ベッドヘッドを脚側にしたところ、掛け布団も落ちる事無く、案外調子が良いのでずーっとこのスタイル。頭側はというと、クッションやふかふかの枕とか沢山置けばベッドヘッドが無くてもカッコイイんだけど、二人とも煎餅みないた枕が好きなので何とも殺風景で、ここもずーっと気になってはいる場所でした。

 

そんな中ちょっとした用事があり、近所の材木屋さんでコンパネの板を購入(コンクリートの建物を作る時に型として使うらしい)。幅80cm高さ1m位でしょうか。普段、置き場が無いのでベッドの頭側にスルッと立ててみる。おや?何か降りて来た〜。そのまま旦那さんとホームセンターへGO!購入したのは幅60cm高さ1m位の集成材を2枚。そのままでは白木すぎるので、いつもの水性ニスでペイント。

 

 

コンパネの両脇にその集成材をスルッと立ててみる。ん〜悪くない!

f:id:kuisti:20160618223427j:plain

 

でも木だから仕方ないのか、3枚がピタッとハマらず少し隙間が出来てしまう。この接点が隠れる方法は?・・・という事で。

f:id:kuisti:20160618223459j:plain

 

 

バルサ板を同じ色の水性ニスでペイントします。

f:id:kuisti:20160618223518j:plain

コンパネの両脇にこのバルサを留めます。留めるのは真鍮の画びょうみたいなヤツ(ホームセンターに売っていますよ。正式名が出てこない)。

f:id:kuisti:20160618223540j:plain

 

その時、少しだけ外側にはみ出すのがポイント。

f:id:kuisti:20160619080303j:plain

 

そうするとバルサ板の飾りで隙間が見えない〜!!

f:id:kuisti:20160618223630j:plain

 

これだけでは真ん中が寂しいので絵を飾る事に。我が家に掛かっている絵を見回してコレに決定!

f:id:kuisti:20160618223719j:plain

 

Doble 旦那さん作。この他にも旦那さん作の絵が我が家に飾ってありますが、個人的にこの絵が一番好き。

f:id:kuisti:20160618224140j:plain

 

全体で見るとこんな感じ!!!憧れのベッドヘッド完成!!!

f:id:kuisti:20160618224206j:plain

 

因みに両脇の集成材の二次利用はこちら!ホームパーティの時はテーブルに早変わり。床にぽろぽろ落ちているものはご愛嬌(笑)。

f:id:kuisti:20160618224223j:plain

テーブルの脚にはガラスブロックを使います。ガラスブロックがゴロゴロしている家もそう無いか(汗)。

f:id:kuisti:20160619080801j:plain

 

 

 

ありがとうございました(毎週日曜更新)。

kuisti brand web

http://kuistibrand.wix.com/kuisti

 

f:id:kuisti:20160618224627p:plain