kuisti

センスがない?時間がない?そんなの大丈夫。自分の「好き」に囲まれて日々を楽しもう!

かんたん 刺繍 波縫い その1 (〜デザイン 下書き)

今日は初めての人でも簡単に出来る刺繍をご紹介。刺繍もいろいろ種類があるけれど、私の経験からすると、細かいデザインは根詰めてやると肩が凝るし(私の場合、口が開かなくなる・・・)、完成が見えなくて飽きてしまうなど、楽しいはずが苦痛になることもしばしば。

 

当時の刺繍がこんな感じ。クオリティたかすぎて刺繍と気が付かれないことも(笑)。こんなみっちりしたものでなくても、デザインや糸選び、方法で萌えっとする作品が出来上がりますよ〜。

f:id:kuisti:20180729112456p:plain

 

今回はフェルトに毛糸で刺繍をします。刺繍の方法は波縫いステッチ(正式にはランニングステッチ)。

 

●まず材料選びのポイントは

・フェルトは厚すぎないものを

(個人的には2ミリだと厚い感じ。何度も針を通しているうちに手が疲れて来ます)

・毛糸の太さと針の太さを合わせる

(毛糸の方が太いとフェルトを貫通する度に圧が掛かりこれも手が疲れて来ます)

・毛糸の魅力を引き出せるよう超極細毛糸より少し太めがオススメ

(ステッチのぷっくり感がかわゆす)

・フェルトと毛糸は同系色は避ける

(線だけの刺繍なので同じような色味だどフェルトの色に吸収されてしまう)

 

今回は赤いフェルトを使用。ちなみにこのフェルトは表と裏で少し色が違うタイプ。ここにデザインを下書きします。

 

●柄を下書きする時の注意点

デザインを裏に描くので完成品は左右逆になります。それを考慮して描く。左右対象の場合は気にする必要なしです。

 

今回は左右対称デザイン(ウクレレヘッド)にします。私の描き方は

 

中心のガイドラインを引きます

f:id:kuisti:20180729112924j:plain

 

デザインがカーブする箇所にもガイドラインを引きます

f:id:kuisti:20180729112908j:plain

 

デザインがカーブする箇所を想定して印をつけます

f:id:kuisti:20180729113036j:plain

 

印と印を定規で引きます

f:id:kuisti:20180729113104j:plain

 

f:id:kuisti:20180729113132j:plain

 

するとこうなります(形が分かって来た!)

f:id:kuisti:20180729113204j:plain

 

反対も同じようにするとこうなります

f:id:kuisti:20180729113244j:plain

 

糸巻(弦か)の場所を決める時はいきなり描かないで、物を置いてみて(今回はボタン)、萌えっと来た場所に

f:id:kuisti:20180729113311j:plain

 

 

丸を描きます

f:id:kuisti:20180729113337j:plain

 

ネックの弦の場所も印を付けて

f:id:kuisti:20180729113403j:plain

 

また丸と印を定規で引きます

f:id:kuisti:20180729113428j:plain

 

はい下書完成〜

f:id:kuisti:20180729113516j:plain

 

 

これを刺繍するわけですが、つづきは次回!下書きをしてお待ちくださ〜い。

 

ありがとうございました(のんびり更新)。

kuistibrand web

http://kuistibrand.wixsite.com/kuisti

f:id:kuisti:20180619190047p:plain