kuisti

センスがない?時間がない?大丈夫!オシャレっぽく日々を楽しもう

白い棚をもう一度リメイク

今の家に引っ越してきた時に、賃貸で壁紙とか変えられないから白い棚の背面に壁紙を貼ってこんな棚が出来上がりました。

f:id:kuisti:20180320095826j:plain

 

 

あれから1年半が過ぎ、白棚の活用方法も大分変わってきました。旦那さんの撮影用の帽子が増えたり、私の洋裁用の布が異常に増えたりと、飾り棚と言うより収納棚に変化・・・。なんとも中途半端・・・。

f:id:kuisti:20180320095859j:plain

 

 

布を入れているカゴもパンク寸前・・・

f:id:kuisti:20180320095947j:plain

 

 

これはイカンな〜と言う事でちょっと配置変え&リメイク。一番気になるのは

・カゴ収納と置きが凸凹なところ(つまり見た目)

・布を大きなカゴに色事にビニールにまとめているので色選びの出し入れが面倒

上段2段をディスプレイと帽子置き場に、中央はカゴを無印に統一(買い足して)して布収納に、最下段に本やDVDに配置変え。

 

無印のカゴはそのままだと白っぽすぎるので、水性ニスを軽くひと塗り。

f:id:kuisti:20180320100024j:plain

 

 

布はカラー毎に直接カゴに収納したい。4カゴを使って大きく8色に分けて収納。みんな同じカゴだから棚に仕舞うと、「どれがどの色のカゴ?」という事になりがちですが、私は手作りフリンジでクリア〜!

 

 

 

フリンジ:用意するのは厚めの紙(サイズはご自由)・刺繍糸だけ。

1、紙に刺繍糸(解かずに6本のまま)をぐるぐる巻く。お好みの太さになるように。

f:id:kuisti:20180320100210j:plain

 

2、今回は2色使います。分かりやすく白黒にしていますが、この場合「白」「黒」のモノトーンカラーのカゴという目印。

f:id:kuisti:20180320100343j:plain

 

3、巻いたら糸を切って紙を抜く。出来た輪っかに新しい刺繍糸を通して縛りますと、こんな感じ。

f:id:kuisti:20180320100409j:plain

f:id:kuisti:20180320100448j:plain

 

4、輪っかを束ねて縛る。

f:id:kuisti:20180320100532j:plain

 

5、束ねた刺繍糸を厚紙で挟んで、まっすぐカット。

f:id:kuisti:20180320100600j:plain

f:id:kuisti:20180320100630j:plain

 

はつんとした切り口が可愛い(萌)。

f:id:kuisti:20180320100708j:plain

 

これをそれぞれのカゴに付けます(赤系)(青系)(黄色緑系)(白黒系)。柄の布や、パーツ物や、完成品を入れるカゴには毛糸のフリンジ。

f:id:kuisti:20180320100114j:plain

 

 

 

 

ジャーン全体はこんな感じ〜。いや〜スッキリ&かわいい&機能的!まんぞく〜。

f:id:kuisti:20180320101052j:plain

 

 

 

 

そして今日から久々のHAWAII〜楽しむぞ〜!

ありがとうございました(ノンビリ更新)

 

kuistibrand web

http://kuistibrand.wixsite.com/kuisti

f:id:kuisti:20180221082511p:plain