kuisti

頭に描いたものを形にするスモールオリジナルブランド Kuisti 世界に一つの1点モノ

モノの置き方

我が家にはグリーンが幾つかあってちょこちょこ配置を変えて楽しんでいます。でも気をつけなきゃいけないのは、それぞれイキイキ出来る場所が違うということ。ここに置いたらカッコイイ〜だけで決めてしまうと、暫くするとちょっとしょんぼりしていたりとそれぞれの性格があります。

 

 

そんなグリーンですが寄せ置きすると表情に変化が出たりします。寄せ植えでなく「寄せ置き(笑)」一箇所に幾つかのグリーンを集める事。我が家の最近の寄せ置きポイントはリビングの窓辺に置いている腰掛け。これはDIY初期の頃のモノです。

f:id:kuisti:20170625110108j:plain

 

ここでグリーン寄せ置きのポイント(kuisti流)

①鉢の素材や色はそれぞれ違うのがベスト。

幾つか重なるので、同じような色の土台(鉢)では寄せ置きというより、寄せ植えに見えがちなので、出来れば素材や色が違うほうが集まってる感が出て楽しい。

 

同系色の鉢で寄せ置き

f:id:kuisti:20170625110211j:plain

 

 

因みに今回はこの3種類を使います

f:id:kuisti:20170625110251j:plain

f:id:kuisti:20170625110313j:plain

f:id:kuisti:20170625110339j:plain

 

 

②鉢の大きさも違う方がベスト。

横一列に並べる時はリピテーションの原則で、同じ大きさでもかわいいですね。でも今回は四角の中に前後ろも使って寄せ集めるので、大きさや高さが違う方が立体感やと奥行きが出ますね。

f:id:kuisti:20170625110411j:plain

 

 

③少し違う色のグリーンを差し色で入れてみる。

グリーンと言っても色は様々、明暗や、薄い厚い、赤みがあるなど。緑色の集まりも良いけど、赤みの差し色が入る事で周りの緑色も映えたりしますね。

f:id:kuisti:20170625110459j:plain

 

 

④ガラスの器(水差し)もプラスして植木鉢の素材感を引き立てる。

ガラスが入るとちょっと抜けた感じ。かっちり作り上げず、その辺で積んできた草を一本挿して主役はガラスくらいの気持ちで。

f:id:kuisti:20170625110531j:plain

 

 

 

⑤奥のグリーンと手前のグリーンが喧嘩をしないこと。

奥のグリーンは背が高いから必ず目に入りますが、手前に置くグリーンは以外と鉢の色と同化したりと、映えない時があります。濃い色の鉢の手前に濃い色のグリーンを置いても同化して濃い色が映えません。ごちらかを反対にしたほうがお互いを引き立てます。「We Need Green」の鉢は黒いので、手前に置くのは明るいグリーン。お互いのステキさが出まくりです!

f:id:kuisti:20170625110727j:plain

 

こちらはけんか中(笑)。

f:id:kuisti:20170625110802j:plain

 

 

⑥グリーンとは無関係なモノを合わせてみる。

今回は象さんとファーです。グリーンに関連する雑貨も良いけど、なんでコレ?っていうのも楽しいですよ(笑)。

f:id:kuisti:20170625110604j:plain

 

 

因みに木だけだとこんな感じだけど、、、

f:id:kuisti:20170625110638j:plain

 

今回はこちらで完成!!!

f:id:kuisti:20170625111532j:plain

 

 

こんな感じで皆さんもグリーンを楽しんでくださ〜い(笑)。

 

ありがとうございました(ノンビリ更新)。

kuistibrand web

http://kuistibrand.wixsite.com/kuisti