kuisti

センスがない?時間がない?そんなの大丈夫。自分の「好き」に囲まれて日々を楽しもう!

カスタマイズ

寝室にあるチェスト(6ボックス引き出し)は15年位前にニッセンで購入。普通のチェストと違くて、1つの引き出しが45×45センチ位の大きさでそれが6個入るタイプ。それが2つ。主に旦那さんの洋服達が入っています。当時はインテリアにこだわりも無く、一番買いやすニッセンでヒョイっと買いましたが、今では我が家では浮いている存在に・・・。

f:id:kuisti:20151004100159j:plain

 

「買い換える?」「まだ良いじゃない」「買い換える?」「やっぱまだ良いじゃない」の繰り返しで現在に至ります。確かに丈夫でまだまだ使えるし、しかも全て合板かと思いきや、引き出しの中はちゃんとした「木」だったりするし。よし!本当に欲しいチェストに出会うまでこれをカスタムして使うことにしよう!我が家の寝室はなるべく色味を使わないようにしたいので、そのイメージに合わせるぞ!

 

 

旦那さんが帰省している一泊二日で完成させるべく、まずは引き出しから作業開始。取っ手を外して前回も書きましたが合板を綺麗にペインティングするには、紙やすり(400)で丁寧に細かいキズを付けます。そのあとローラーを使ってペンキを塗ります。今回は見える箇所だけなので中は塗りません。ペンキは2度塗りします。乾いたら再び取っ手を付けます。この作業を12BOX分!!!!

f:id:kuisti:20151004100237j:plain    

f:id:kuisti:20151004100317j:plain

f:id:kuisti:20151004100353j:plain

 

引越しかな?状態。

f:id:kuisti:20151004100548j:plain  f:id:kuisti:20151004100608j:plain

 

 

BOXを塗り終えたら次は本体。本体も見える部分しか塗りません。塗り方はBOXと同じ。今回のポイントはチェストに木の天板をプラスするところ!なので、チェスト本体の天板にはペンキを塗らないでOK!このままだとさすがにイマイチ。。。

f:id:kuisti:20151004100713j:plain

 

ペンキが乾くまで時間があるので、天板の作業に移ります。ホームセンターで木板を4枚購入。ちょっと長いのでノコギリでカット。木板に軽くヤスリをかけて、「けやきニス」を塗ります。こちらも2度塗り。1日目はここまで〜お昼過ぎから始めて時計を見たら24時。久々の大物に集中力MAX!

 

 

旦那さんが帰ってきた翌日に天板の取り付け。天板を貼る時のポイントはチェスト本体より天板が大きいこと。天板を前と左右にせり出して貼り付けます(我が家のアメリカ製ヴィンテージチェストのデザインを参考に)。こうすると奥行きが出るというか何というか。

f:id:kuisti:20151004100811j:plain          f:id:kuisti:20151004100843j:plain

 

多少のズレはご愛嬌。

f:id:kuisti:20151004101007j:plain

 

 

統一感が出ていい感じ!まだまだ使えるね。寝室はナチュラルに〜。

f:id:kuisti:20151004101106j:plain

 

ありがとうございました。

kuisti  brand web

http://kuistibrand.wix.com/kuisti